「転職が決まった!」転職の入社手続きに必要なもの3選【無職期間がある転職の場合】

ニィニ

失くしてなくてよかった…!

退職してからしばらく期間があいてから転職が決まった方、「入社するのに必要なものって何だっけ!?」と焦っていませんか?

この記事では、前の職場を退職してから無職期間があった後に転職する人に向けて、転職時に必要なもの3つをご紹介しています。

日にちをあけずに転職する方は、必要なものが異なり参考になりませんのであしからず・・・!

目次

転職の手続きに必要なもの3選

それではさっそく本題に入りますね。

雇用保険被保険者証

だれかさん

えっ…聞いたことあるけどこれ、なんだっけ!?

という人、多いんじゃないでしょうか?(私もそうでした)

雇用保険被保険者証とは「雇用保険に加入した際に発行される証明書」のことです。つまり、自分が「雇用保険加入者であること」の証明書ですね。

「見たことない・・・」なんていう人もいるかもしれません。

なぜかというと、雇用保険の加入手続きは新卒で入社した会社が勝手にやってくれているんです。しかも基本的に入社時に発行された後は会社で保管されて、退職する際に初めて手渡されるというケースがほとんど。

私も退職後に会社から送られてきた多くの資料のなかにありました!そのときに初めて見ました・・・!

すでに退職されて、失業保険をもらっている人は「ハッ!」としましたか?

ニィニ

そうです、ハローワークで失業保険の申請をする時に使った、あれですよ!

「どこやったっけ・・・」となった場合は、ハローワークに持っていっていたファイルの中に入れっぱなしじゃないですか?!(私はまさにこれでしたw)

ちなみに「雇用保険被保険者証」は紛失した場合、ハローワークで再発行してもらうことが可能です。

その際には運転免許証など「本人確認ができるもの」と「前の会社の名称・住所が分かるもの」と「印鑑」が必要。手続きを済ませれば、基本的に即日発行してもらえますよ。

しかし、会社によっては「雇用保険被保険者証がなければ、運転免許証のコピーでもいいですよ!」と言ってくれるところもあるので、失くしていたらまずは転職する会社にご確認を。

ニィニ

これから退職する、これから転職活動始めるという方はぜひ失くさないよう大切に保管してくださいね。

年金手帳

だれかさん

あ〜〜!どこやったっけ〜〜!

という方、多いんじゃないでしょうか?

ニィニ

滅多に使いませんからね…。

退職後、国民年金に加入する際の手続きのときですら必要のない存在でしたから。年金に入るときの手続きに必要とされない「年金手帳」って、まじでいつ使うんだよ!って思ってましたよね。なんと今です!

↓退職後に国民年金加入手続きしたら、年金手帳がいらなかった件はこちらから

再就職すると、再び厚生年金に入ることになるので年金手帳が必要なんです。

年金手帳も失くしてしまった場合には再発行が可能です。しかし、雇用保険被保険者証と異なるのが、年金手帳は再発行の際に時間がかかってしまうという点・・・。自治体によって差はあるかと思いますが、私の住む地域だと再発行に「1ヶ月かかる」とのことでした。

ニィニ

1ヶ月もかかっちゃ、入社に間に合いませんよね・・・!?

もし「ないかもしれない」という方は、再発行の手続きを早めに済ませておくことをおすすめします。

再発行の手続きは管轄の市役所で、運転免許証またはマイナンバーカードなど本人確認ができるもの、納付書など基礎年金番号のわかるものを持参すればできます!

ちなみに、無職時代に加入していた国民年金から、社会人になり厚生年金へ再び入るという際に「自分で何か手続きは必要なの?」かというと、何もしなくていいんです!厚生年金に入れば、勝手に国民年金から切り替わってくれるんです。ただ、国民健康保険はそうもいかない。新しい保険証が来たら、使用していた国民健康保険の保険証と一緒に市役所に持って行き、国民健康保険課で国民健康保険脱退の手続きをしてもらいます。この手続きをしないと、二重で払い続けることになっちゃうので要注意です。といっても、二重で払っていたことに気づいた時点で申請に行けば、ちゃんと戻ってきますけどね!

通帳

だれかさん

当たり前じゃん!

という方、ごもっともなんですが、私が言いたいのは・・・

銀行が指定されている場合、早めに口座を作っておいた方がいいですよ~!

ということです。

入社の手続きが送られてきて、入社まで残り数日!なんてときに「ここの口座持ってないんだけど・・・」ってなると焦りますよね。

内定が決まった時点で「準備しておくことありますか?」と聞いて、口座の話がなければこちらから「指定銀行ありますか?」と聞いちゃいましょう。

私もそうですが「基本的にネット銀行しか使わない」という人が増えていってるなかで、それでもなお地方銀行を指定してくる会社ってまだまだありますからね。事前確認が重要です!

また「銀行指定はない、ネット銀行なら通帳コピーはキャッシュカードコピーでいいよ」という場合も大いにあり得ます。

ですが今、アプリでATMから出入金するのも一般的になりつつありますから、普段からキャッシュカードは持ち歩いていない人も増えていますよね(私もです・・・)。

そういう方は、キャッシュカード、部屋のどこかから掘り起こすの忘れないでくださいね。

【まとめ】事前に必要なものを聞いて、なくしたものは早めに再発行しておこう!

この記事では、「転職が決まった!」転職の入社手続きに必要なもの3選【無職期間がある転職の場合】をお届けしました。

なくした場合は早めに再発行手続きをするのを忘れずに!

少しでも参考になればうれしいです。

退職後のさまざまな手続きに関してはこちらの記事を・・・

失業保険に関してはこちらの記事を・・・

コロナによる減免に関してはこちらの記事を・・・

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる