料理の写真をうまく撮りたい!嘘みたいに見違える、超簡単な3つのコツ【スマホ写真で解説】単品料理編

ニィニ

元月刊誌編集長のニィニです

編集者時代の5年間、料理の写真を撮りまくってきました。

正直、全然おいしそうに見えないものも、写真の力で立派に見せてきました…。

この記事では

  • 料理の写真を撮るのが好き
  • 思わず目をひく写真を撮りたい
  • でもうまく撮れない…

という方に向けて、

料理の写真おいしそうに撮るコツをご紹介しています。

今日からすぐに使える、超簡単なコツなので、ぜひ試してみてくださいね。

  • ランチを想定した単品写真の場合と、夕食を想定した集合写真の場合、2回にわたってお届けします
  • スマホで撮影しています(ポートレートモードがおすすめです)
  • 「おいしそうに見えるの、料理や皿のおかげじゃん!」とならないよう、超ジミ飯+超ジミ皿にしてます
  • 写真は無加工です
目次

料理をおいしそうに撮る3つのコツ

それでは、さっそく撮影に入ります。

ニィニ

撮るのは、映えない太巻き&いなり寿司だよ

ビフォー①

座った状態で、何も考えず、手元にスマホを構えて撮ったものがこちら。

ダイエット記録用ってかんじやね
ニィニ

う~ん、おいしそう!とは思えない…

ビフォー②

最近よくある、「おしゃれっぽく」真上から撮影したものがこちら。

太巻きに中身がなくても、わからない
ニィニ

料理がおしゃれじゃないと、成り立たない…

さて、この地味巻きいなりちゃんが、どこまで「おいしそう」に見違えるか?

さっそく難易度別に、低いものから「おいしそうに撮るコツ」をご紹介していきますね。

【難易度低】アングル(角度)を下げて、立体感を出す

料理をおいしそうに撮るうえで大切なのが、ズバリ立体感

大半の単品料理写真は、アングルを下げて寄って撮るだけで、おいしそうに見せることができます。

特に、料理自体に高さがあればあるほど、アングルを下げることで影ができ、立体感が生まれます。

逆に、高さのない料理(チヂミ、パンケーキなど)はアングルを下げて撮っても、立体感が出せないんです。この場合は、真上から撮るのが簡単でおすすめです。

では、地味巻きいなりちゃんもアングルを下げて撮ってみましょう。

ちかっ

アングルを下げて寄って撮ることで、ものすごい「ドアップ」になりますよね。

ドアップにすることで、料理の内容が強烈に頭に残るので「味を想像する」ことに繋がるんです。

【難易度中】斜め後ろから光を入れて、影を作る

繰り返しになりますが、料理写真は立体感が命です。

立体感を作るために重要なのが、照明。とはいえ、家に撮影用の照明なんて当然ありませんよね。

ニィニ

そこで使いたいのが太陽光、日光の光っ!

光は、斜め後ろから入るのがベスト。逆光にすることで、影が生まれるからです。

撮影に使う机を「斜め後ろから光が入る場所」に置き、そこで撮るようにしましょう。

では、地味巻きいなりちゃんも、斜め後ろから光を入れて撮ってみます。

色合いが変わってきたぞ

斜め後ろから光を当てたことで、米粒の立体感や揚げのツヤが出て、彩度も一気に上がりました。

可能であれば、左手で白いノートや紙を持って、光を反射させてみてください。逆光で暗くなってしまう手前にも明るさが出て、写真全体が明るくなりますよ。

ニィニ

「おいしそう」に着々と近づいてきたぞ

夜に撮る場合はどうする?

「夜だけど昼っぽく撮りたい」場合は、照明が必要です。部屋の蛍光灯では明るさが均等になってしまうので、影のない退屈な写真になってしまうんですよね。
そこでおすすめなのが、逆に暗くして「夜の雰囲気で撮る」ことです。斜め後ろからキャンドルなどで「暖かい光」を入れると、雰囲気がでます。

逆に暗さによって味がでますよね

【難易度高】写真に動きを出す

難易度は少し上がりますが、構図を変えて写真に動きを出すと、ぐっと印象的な写真にすることができます。

たとえば…

  • あえて料理を真ん中に置かず、左右非対称に撮影。「アンバランス」は人の目を惹きつけます。
  • あえて料理をかなり手前に置き、写真に奥行きを出す。背景まで含めて「雰囲気」にします。
  • あえて料理に手を付けて「食べている途中」のように演出。食べるイメージがわき、興味が倍増します。

上2つは、うまく撮れないと「失敗したの?」みたいな写真になっちゃうので、1番のおすすめは「食べている途中のように演出」することです。

麺類なら麺を持ち上げたり、ハンバーグやとんかつなら箸で広げて断面を見せるような写真ですね。

では、地味巻きいなりちゃんも「食べている途中」の演出を加えて、写真に動きを出してみます。

ぱくっといきたい

これまでの写真のなかで、もっとも「食べることを想像しやすい」リアルな写真になりました。

ニィニ

なんか太巻き食べたくなってきた…

ただ、スマホを右手に持ちながら、左手でご飯を持ったり、箸を持ったりすることは少々難易度が高いです。

しかも、「食べている途中」を演出した写真って、右手で箸やフォークを持っていることが大半なんですよ。右利きの人の方が圧倒的に多いから…。

右手で箸を持って写真を撮りたい場合は、こういったスマホ用の小さな三脚を使うのがおすすめです。

三脚は、スマホを横にした状態でしか撮影できない商品が多いんですが、この商品は縦にして撮影ができちゃうんです。

しかも1,280円送料無料とほかと比較しても圧倒的に安い…。

ニィニ

わずか0.08kgという軽さだよ

【番外編】小道具を使う

ニィニ

アングルを下げても、光を入れても、持ち上げても全然うまく撮れない…。

もしかすると、料理自体においしそうに見えない問題があるかもしれません。

この場合、1番の解決策は緑か赤を足すことです。

料理がおいしそうに見えないときは、色が不足している場合が多いんです。

しかも、大半の場合、足りない色は赤か緑です。

たとえば、オムライスは黄色と赤ですよね。そこに緑のパセリを添えるだけで、ぐっと映えます。

ハンバーグの付け合わせに、ポテトとにんじん。「なんか足りない…」と感じたら、ブロッコリーを添えるとぐっと「完成感」が生まれます。

では、地味巻きいなりちゃんにも色を加えてみましょう。

華やかになりました
ニィニ

ようやく「おいしそう」といえるレベルになった!

色を入れるだけで、写真の雰囲気が引き締まりますよね。

添える食材は、その料理にバッチリ合う食材じゃなくてもいいんです。撮影のときに色合いのためだけに、鷹の爪を置いたり、三つ葉を置いたりすることって、ものすごいあるんです。

そのほかにも、料理をきれいに見せるために

  • タバコの煙を横からふかせて、料理の湯気のように見せる
  • 魚や肉など表面が乾く食材には食用油を塗る
  • 食材の下にティッシュやプラスチックを置いて、底上げする

こんなことが行なわれている場合もあります…。

私は撮影後においしく食べたいので、湯気を出すにもお湯を使ったり、乾いたらソースを足したり、底上げには野菜や氷を使っていました。

料理の写真をうまく撮るコツ【まとめ】

この記事では、スマホで料理の写真をうまく撮るための、超簡単な3つのコツ【単品料理編】をご紹介しました。

料理の写真をうまく撮るコツは…

  1. アングル(角度)を下げて、立体感を出す
  2. 斜め後ろから光を入れて、影を作る
  3. 写真に動きを出す
  4. 【番外編】小道具を使う

でした。

では最後に、地味巻きいなりちゃんの変遷を振り返ってみましょう。

どれがおいしそうですか?

次回は、お皿がたくさんある集合写真編をお届けしますね。次回の方が少し難しいです。

ニィニ

でもコツをつかめば超~簡単!

↓集合写真編はこちらからどうぞ↓

ご覧いただき、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる