【2020年8月改定版】いま退職したら、失業保険(雇用保険基本手当)はいくらもらえる?【5分でわかる!】

だれかさんのアイコン画像だれかさん

仕事やめたいけど、失業保険でどれくらい生きていけるんだろうか…

とお悩みの方へ、「いま退職したら、失業保険はいくらもらえるのか?」を記事にしました。

なお、

  • 失業保険ってなに?
  • 失業保険のもらい方

は記載していないので、ご了承ください。(ググれば良記事が山ほどありますよ~!)

2020.9.22追記
「失業保険ってなに?」「失業保険の受給申請方法」について、新しい記事をアップしました!ぜひ参考にしてみてください

目次

【2020年8月改定版】
失業保険はいくらもらえるの?

失業保険(正しくは雇用保険の基本手当)は、毎年8月日額が改定されます。

今年は増額されたので、最新の金額でお届けします。ぜひ参考にしてみてくださいね。

そもそも私、失業保険もらえるの?

失業保険の受給条件は大きく分けて2つ。

  1. 退職日以前の2年間に、雇用保険被保険者期間が通算して12ヵ月以上あること
    (倒産・解雇などで退職した場合は、退職日以前1年間に、被保険者期間が通算して6ヵ月以上あればOK)
  2. 失業状態であること
    (積極的に求職活動をしているにも関わらず、就職できていない)

ざっくりいうと、働いた期間(雇用保険に加入していた期間)が極端に短い場合はもらえない可能性が高いです。

しかし「通算」なので、職を転々としていた場合でも、休職期間が短ければ条件に当てはまる場合があります。ハローワークでご相談ください。

また、通常であれば失業保険を受給するために、月に3回以上の求職活動が必要です。

しかし2020年9月現在、コロナの影響により求職活動の免除が認められています。月に1度必ずハローワークに来所して、失業状態を認定してもらう「認定日」も、郵送での対応になっています。

詳しくはこの記事をご覧ください。

失業保険の金額って何で決まるの?

ニィニのアイコン画像ニィニ

もちろん人によって違うんです

まず受給日数は、年齢・雇用保険被保険者期間・離職理由などによって決まります。

基本的には、若くて働いた期間が短ければ受給日数が短く、45歳以上60歳未満(働き盛り)で働いた期間も長ければ、受給日数も長くなります。

最短で90日、最長で360日と、かなり幅があるんですよね。

そして1日当たりの額は、退職日直前の6ヵ月間の賃金日額の50%~80%(60~64歳は45~80%)です。簡単にいうと、1日当たりのお給料の50~80%ですね。

注意したいのが、ボーナスは含みません…!

だれかさんのアイコン画像だれかさん

50~80%でなんで差があるの?

これは、お給料(額面)の差です。

1日当たりのお給料の額が少なければ、その額の80%がもらえて、逆に多ければ50%しかもらえません。しかも金額は下限額・上限額があるんです。まさに社会保障ですよね。

2020年8月の時点で、下限額は2,059円(年齢問わず)

これは1日当たりのお給料が2,574円で算出された額なので、「1日2,574円ももらってないよ…」という方でも、失業保険は1日2,059円もらえるんです。

逆に上限額は年齢で異なりますが、29歳以下の場合6,850円

これは1日当たりのお給料が13,700円で算出された額です。多くもらっているので、ぴったり半額になっていますよね。

1番受給額の上限が高い世代は、やはり働き盛りとされる45~59歳で、8,370円。1日当たりのお給料は16,740円で算出されています。

だれかさんのアイコン画像だれかさん

よし、1日当たりのお給料計算してみよう!

と考えた方に、ひとつだけ注意点です。

お給料の額を働いた日数で割っちゃうと誤差が出ます。

失業保険の日額は、退職日以前6ヵ月に支払われた合計金額を180で割った金額なんです。

つまり1ヵ月22日しか働いてなくても、30日間で割らないといけません。お給料が半年間変化なしであれば、1ヵ月の合計を30で割ると近い数字が出るはず…。

単純計算ですが、

  • 29歳以下
  • 月給が上限額(13,700円×30=411,000円)

の場合、失業しても1日当たり6,850円が最低で90日間(合計616,500円※1ヵ月当たり205,500円)保障されるということです。

だれかさんのアイコン画像だれかさん

え?こんなにもらっていた人でも20万?あたしやばいんじゃ?

と思った方、本題へ行きましょう!

実際に失業保険はいくらもらえるのか?
計算してみよう!

まず受給日数は何日間なのか、こちらでご確認ください。

きたないスキャンですみません。。。

自己都合退職か、会社都合退職かで受給日数はここまで違います。

よく「会社都合なのに自己都合にさせられた…」なんて話がありますが、この2つの違いは単純に受給日数の違いだけに留まりません…。

たとえば下の記事でご紹介した、失業中の国民健康保険料の免除申請にも「退職理由」は大きく関係します。失業中、保険料を払う余裕がないときに「会社都合」が助けてくれるので、自己都合にさせられそうになっても絶対に折れないでくださいね。

また、すでにご存じの方も多いと思いますが、自己都合で退職した場合は、失業保険の申請から受給まで3ヵ月間の待機期間があるんです。(会社都合退職の場合は待期期間なし)

ニィニのアイコン画像ニィニ

この3ヵ月、想像しているより長いですよ…。

「じっくり考えて次の就職先を探したい」と思っていても、3ヵ月間生きていくだけでの生活費がなければ、とりあえず働かないといけません。

だれかさんのアイコン画像だれかさん

でも、すぐに働いた場合、失業保険はゼロでしょ?

と思っちゃいますが、この場合は失業保険ではなく、再就職手当がもらえるんです!

再就職手当は、失業保険の受給日数が3分の1以上残っていれば支給されます。

もっとも多くて、3分の2以上の受給期間が残っている場合に、失業保険で受給するはずだった金額の7割がもらえます。3分の1の期間だったら6割。とはいえ、再就職手当は条件が多いんです…。

  • 以前の退職先に再び雇用されたものでないこと
  • 1年を超える勤務が確実であること

などなど…。

では最後に本題、1日当たりの受給金額を掲載しますね。

こちらもよれよれスキャンですみません…

計算式があるので、「いま辞めたらどれくらいもらえるだろう?」と気になる方はぜひ、現状の1日当たりのお給料の金額を出して、当てはめて計算してみてくださいね。

だれかさんのアイコン画像だれかさん

…いやいや、計算式むずいわ!!できない!!!

という方、一例で計算してみるので、数字を変えて使ってみてください。

たとえば…

離職時の年齢が29歳以下で、1日当たりのお給料が5,500円だった場合
(※2に当てはまります)

計算式は、

0.8×(1日当たりのお給料)-0.3{(1日当たりのお給料-5,030)/7,360}×1日当たりのお給料

になるので、ここに5,500円を当てはめていきますね。

0.8×5,500-0.3{(5,500-5,030)/7,360}×5,500

まとめると、

4,400-0.3{470/7,360}×5,500

→4,400-0.3×330=4,301円となります。

5,500円のお給料が4,301円(1円は切り捨てられるかも?)になるので、給付率はだいたい78%ですね。

計算してみて出た金額に、実際に給付日数をかけてみましょう。

ニィニのアイコン画像ニィニ

これで「いま退職したらいくらもらえるか」が判明したはずです…!

どうでしょう、失業保険の金額が明確になることで、退職後のイメージも具体的になりましたでしょうか…?

またこの計算式は2020年8月に改定されたものであり、来年の8月にはまた日額が変動しますので、ご了承ください。

まとめ

この記事では、【2020年8月改定版】いま退職したら、失業保険(雇用保険基本手当)はいくらもらえる?【5分でわかる!】をご紹介しました。

記事の内容を簡潔にまとめると、

  • 失業保険をもらうには2つの条件がある(コロナ禍で免除されているものも!)
  • 失業保険を受給する日数は、年齢・働いた日数・退職の理由で決まる
  • 失業保険でもらえる1日当たりの金額は、年齢と退職前のお給料で決まる(上限・下限がある)
  • 退職が自己都合か会社都合では、待機期間に違いがある
  • 自己都合の「3ヵ月の待機期間」は思ってるより長い
  • すぐに就職したら再就職手当が支給される
  • 退職が会社都合なら絶対に「自己都合にさせられないで」

「退職したいな…」と考えている方にとって、少しでも参考になればうれしいです。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる